トップ / 主婦が起業するパターンが増加

主婦も介護で起業

主婦が起業するパターンが増加

起業する主婦増加の実態

出産を終え、子育ての合間の時間を活用して主婦が起業するパターンが増えてきています。その背後には、子育てをしながら再就職をするのは難しいという社会の現状があります。子どもを理由に仕事のお休みが取りにくいなど、子育てをしながらも働きやすい環境が整っていないためです。また、子育ての合間の時間を使って自分のやりたい事をやりたいという決意を持った主婦が増えていることも、起業する主婦が増えている所以です。

しかし、起業してそれなりの売り上げを上げていこうと思うと、それだけ時間や労力を費やすことが求められてきます。子どもを保育所や幼稚園に預けてまとまった時間が取れるようになると、仕事のための時間も取り分けやすくなるかもしれません。増加している「ママ起業家」の課題は仕事を家事や育児と両立させていくことです。
そのため、起業する際にはどれほどの時間や労力をつぎ込むことが可能なのかをしっかり計算して、経営の規模などを決定することが大切です。

主婦が起業するに当たり不利なのは、事業の経験が少ない、経営のノウハウについての知識の不足などが挙げられます。これらのマイナスの部分を埋め合わせて、ママ起業家の強い見方になってくれる起業の方法がフランチャイズです。フランチャイズを利用することで、事業のやり方、経営のノウハウなどの研修やサポートを受けることができ、起業なんてどうすれば良いのか全然知らなかったという主婦の方でも簡単に起業できるような体制が整っています。社会の役に立ちたい、という思いから起業を考える主婦も多い傾向にあることから、そのような方には数あるフランチャイズの中でも介護フランチャイズが注目されています。