トップ / 介護フランチャイズの注意点

主婦も介護で起業

介護フランチャイズの注意点

フランチャイズ開業の注意点

サポート体制も抜群で、事業の経験や経営のノウハウの知識が少ない主婦でも低資金で安心して始められる介護フランチャイズですが、どんな事業であってもフランチャイズに加盟する際には注意しなければならない事柄があります。そこで、フランチャイズを契約するにあたり、注意しなければいけない点をいくつかまとめました。


・契約する前には契約書をきちんと確認する
フランチャイズの契約書の多くには、加盟店側に対する違約金の数々が載せられています。「何々を行ったら、幾ら幾らの違約金が発生します。」といった内容のものですが、契約をするにあたり、このように違約金に関する記載がしっかりしてある会社は信頼できる会社の可能性が高くなります。
これらの記載は他の加盟店の経営者に対しても抑制力として働くため、同じチェーン店として経営するにあたり、チェーン全体の経営を健全なものに保つことができます。もしこういった類の記載が曖昧な場合は、他の加盟店の経営者が問題行動をとった場合に、チェーン店全体のイメージに傷をつけることになってしまい、フランチャイズ経営そのものが立ち行かなくなるリスクもあるのです。
ですから、会社として危機管理がしっかりできている会社と契約を結ぶようにしましょう。また、契約前には可能であれば弁護士や税理士に相談し、違約金等が適切な金額で設定されているのかも確認すると良いでしょう。

・フランチャイズ本部に支払う金額や契約期間などをチェックする
契約書に記載されている金額と事業計画書に記載されている金額が同じかを契約する前に、比較して確かめておきましょう。また、支払う金額に何が含まれているのかを確認する必要があります。本部に支払うものとして代表的なものは加盟金、研修費、教材費、システム利用料、ロイヤリティなどがあります。

また、契約金間が何年なのか、更新する際は更新費が必要なのか、契約期間は契約日から数えるのか、開店日から数えるのかなどの細かい点もチェックしておくと加盟店と本部との間でトラブルになるのを防ぐことができます。
契約を交わす際に、疑問に思うことがあれば、契約してしまう前にきちんと解決しておくようにしましょう。